2005年12月19日

寝台特急で北海道へ行こう!(その17:青森駅をふらつく)

さて、青森駅に着きました。
ここでは、機関車を付け替えるので、8:30に到着した後、8:54の発車まで、しばらく時間が有ります。
昨日の夜から列車にこもりっきりだったので、外に出て体を伸ばしましょう。
朝の空気が心地よい。
そして、隣のホームでは、普段見ることのない電車で、通勤している人たちがいます。
54)青森駅の朝.JPG発車に乗り遅れないように、時間に注意しながら、ホームをうろつきます。
ホームには売店がありました。
55)青森駅の売店.JPG

ここで、買いたいものを補給します。
私は、日経新聞の朝刊を買いました。
人によっては、缶コーヒーとか、ポタージュとか、温かいものがほしい方もいらっしゃるかと思います。
ココではそれらが手に入ります。

さらに店内を物色。
青森の地酒や、雑誌なども売っていました。
退屈することはありません。

さすがに酒好きな私も、朝っぱらから呑む気はしなかったので、地酒もビールも買いませんでした。

後、写真はありませんが、ホームに立ち食い蕎麦屋さんがあって、温かいそばを食べられます。
発車時刻までに、食べ終えてください。

・・・そうこうしているうちに、列車には新しい機関車が連結されました。
61)機関ヤ交代「朝日がまぶしい」.JPG
朝日がまぶしい。

列車の正面も撮影しておきました。
63)青森発ヤ前.JPG
「おーい、おじさん。
機関車につけてる丸いマークがちょっと曲がってますよ。」
と、突っ込もうと思いましたが、細かいことは気にしないので、やめました。

そして、8:54。定刻に青森を発車。
これから青函トンネルを抜けて、終着駅の函館には11:30ごろの到着です。
私の目的地、札幌は、函館で特急に乗り換えて、15時半ごろにつく予定なのです。
旅はまだまだ続く。
posted by leaves at 22:30| 滋賀 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 鉄道〜夜行列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日も素敵な写真と記事(*^^)v

売店なつかしいです!ポタージュ温まって美味しくて良いですね〜
色々売ってて見ているだけでも楽しいですよね〜私は雑誌と本狙い(^^♪

「朝日がまぶしい」写真なんて美しいのでしょうか・・・
写真コンテストに是非出してほしいです。
良い写真!びっくり!

立ち食いソバ・・・良いですねー
私は一度だけ立ち食いした事あります(^^♪
この季節はソバ恋しい〜

機関車の丸いマーク確かにちょっと斜めですね・・・
でも、まぁ「わざと」と言う「言い訳」も通用するよなしないよな・・・
お愛嬌あって可愛いかも・・・

明日の記事も期待バンバンです!
Posted by ゴル at 2005年12月20日 00:03
leavesさん こんばんは〜♪

とうとう青森駅到着ですね〜♪ 機関車を返る間にお買い物が出来るってちょっと嬉しいですよね!! この朝日の差し込む写真はとっても素敵ですね!!! まだ目的地まで大分かかるんですね!! 今から素敵な景色が始まるんですね!! とっても楽しみです♪
Posted by cosmos at 2005年12月20日 01:31
leavesさん こんにちは

戸を閉め切れる売店とか、雪深い北国の駅の売店の雰囲気がすごい伝わりますね。

写真と記事が臨場感があって僕が青森駅の朝のホームにいるような気分になります。

列車の前からの写真、列車の形がなつかしい感じがしていいですね。

これから先の旅が楽しみです。
Posted by rice at 2005年12月20日 11:24
こんにちは

いいですね〜 
朝のホームに出る…
ますます旅情がかきたてられますね

機関車がまた良い!
やっぱり雰囲気があります

あと2時間半の寝台列車の旅…
いよいよ北海道ですね
楽しみです!
Posted by 郡山人 at 2005年12月20日 13:00
ゴル校長へ

こんばんわ。
今日も、記事と写真をほめていただきまして、ありがとうございます。

売店、いいですね〜。
これから、青函トンネルに突っ込んで、約40分間暗闇の中を走るので、何か読むものがあれば、ありがたいです。
行く先に、何があって、何が必要か?という情報があれば、旅も楽しくなりますね。

写真は、私も撮ってみて、思ったよりもいい仕上がりだったので、気に入っています。
気に入っていただけて、何よりです。

立ち食いそば、レディーはちょっと食べるのに勇気がいると思いますが、また日本に帰ってきたら、挑戦してみてください。
値段の安さも魅力ですな。
青森駅の立ち食いそばの値段は忘れましたが、京都駅の立ち食いのかけそばの値段は、なんと¥220−なんです。
2ドルもしないファーストフード。
アメリカでやったら、はやるかもしれませんね。

機関車のマーク、あんまりうるさく言うのは、やめときますね。

それでは、今日の記事を書きます。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2005年12月20日 20:37
cosmosさんへ

こんばんわ。
・青森駅では機関車を必ず交換する。
・だから、青森駅では25分くらい止まる。
・だから、青森駅のホームでは買い物ができる。
・・・と言う情報、普通に旅行する人にはあんまり伝わっていないようなのです。
車掌さんが案内してくれたり、時刻表に親切に書いてもらうと、青森駅での25分を有意義に過ごせるのですが。

写真の上手なcosmosさんに、朝日と機関車の写真をほめてもらって、うれしいです。
もっといい写真が取れたら、また公開しますね。

旅はまだまだ続きます。
飛行機だとあっという間についてしまう距離でも、列車だと旅を楽しむ時間が有るので、私は列車での旅が好きです。

それに、西日本に住んでいると、北日本の広さに驚きます。青森を朝、電車で出発しても、札幌に着くのは午後の遅い時間になってしまう・・・。
西日本に住んでいると、札幌も青森もごっちゃになりますが、北日本の各都市は、それぞれかなり距離があるものなのです。
私も、仕事で北日本に住んでみて、初めて実感しました。

景色は・・・北海道に渡ったときに、その雄大さに感動できますよ。
写真はあんまり取れませんでしたが・・・。
追々紹介していきます。

それでは。
Posted by leaves cosmosさんへ at 2005年12月20日 20:50
riceさんへ

こんばんわ。

ご指摘を受けて改めて実感しましたが、青森駅の売店が、ガラス張りになっているのは、やはり北日本なのですね。

西日本では、キヨスク(駅の売店)はガラス張りなんかしてないし、それでみんな普通だと思っているから、やはり寒さが違うのですね。

青森駅で、写真を撮っておいてよかったです。こうやって、いろいろお話が生まれてきますので。

列車の写真も、青森駅で初めて撮る余裕ができました。
昔ながらの列車ですねー。

このさきも、旅は続きますので、また読んでください。
Posted by leaves riceさんへ at 2005年12月20日 20:58
郡山人さんへ

こんばんわ。

いかがでしょうか。関西から札幌までの列車の旅は。
まだ終わってませんけど、ブログで書いていくには、まだまだ書ききれません。
それくらい、情報量があって、旅を楽しめる、というものです。

関西から、「旅」を実感するなら、やはり列車で北海道を目指すのが良いと思います。
大阪から、乗り換えなしで、札幌にいける「トワイライトエクスプレス」もありますが、途中の乗り換えにも、今回の記事のような買い物とか、寄り道とかの楽しみがありますので、
私がたどったように
大阪から「日本海1号」→函館からは「スーパー北斗」。
と言う旅も、捨てがたいと思います。

まだまだ北海道までは遠いです。
続きをお楽しみください。
Posted by leaves 郡山人さんへ at 2005年12月20日 21:05
青函トンネルを40分暗闇で・・・
うっ。暗いの怖い〜
オバケとか・・・出ませんでしたか?
あの噂の・・・

立ち食いソバ。
次回、挑戦してみます(^^♪
安いのに美味しいって良い〜!
Posted by 校長 at 2005年12月20日 23:54
ゴル校長、こんばんわ。

青函トンネル40分間暗闇ですが、室内はもちろん明かりが付いているので、怖くは無いです。
青と緑の光が見えるところがあります・・・くわしくは、21日の記事を参照。

立ち食いそば、寒い冬だからこそ、上手いかもしれませんね。
年末年始は、日本に帰ってこられないのですか?
Posted by leaves ゴル校長へ at 2005年12月21日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。