2005年12月27日

羽越線脱線事故をしのびつつ。

今回の、羽越線の脱線事故は本当に残念です。
今回の事故の原因は、現時点では「天災」と考えてよさそうです。

列車というのは、飛行機やクルマに比べて、格段に安全、と私は思っていました。
事実、深刻な事故の数もほかの交通機関に比べては、非常に少ないはずです。
飛行機に乗って、離陸するときに手の汗を握る人はいても、電車に乗って発車するときに、誰がシートベルトを締めようとするでしょうか。また、手の汗を握る人がいるでしょうか。

それくらい、列車というものが、安全であったわけです。

だから、「旅を楽しむ」というゆとりも生まれたのでした。
「旅を楽しむ」という視点で、私はこれまでの記事を書いてきましたが、改めて思います。自分はどんなに幸運だったかを。
「列車で、安全に、何事も無く定刻に長旅ができた」
という幸運を、忘れてはいけないと思います。
普通は、当たり前のことと思ってしまいますが。

この幸運を認識しつつ、また、今回の事故で犠牲になった方、行方不明の方、お怪我をされた方のことを思いつつ、明日からは通常の記事を再開したいと思います。
posted by leaves at 23:19| 滋賀 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 鉄道〜夜行列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
leavesさん こんばんは

僕達が何気なくすごしている日常の中にも予測不可能な今回の列車の事故のような事に逢わないでいた幸運は忘れてはいけないと思います。

今回の列車事故の報道を聞き、今後ありえないような事でもいろんな事態を考えての対策をJRの方でも立てていく必要があると思いました。
Posted by rice at 2005年12月27日 23:43
leavesさん こんばんは〜

ほんと列車って・・・安全なイメージが先行していて・・・よもや事故なんて思いませんようね・・・>< 今年はJR大きな事故が重なってしまってとても残念ですよね・・・。 さっきのニュースを見ていたら・・・5人目の犠牲者の方が発見されたとの事・・・まだ犠牲者増えそうな気配ですね・・・>< 天災とは言え・・・同じ事故がまた起こらないようにJRの方にはがんばって欲しいと想います。
Posted by cosmos at 2005年12月28日 01:21
私もriceさんのご意見に同感です・・・

私の家族に事故で天国へ行ったものがいますし・・・旦那は、ある事故の被害者です。生きていられて感謝!一生障害が残ってしまいましたが・・・
その後の保証や医療費が一切今の所ケアして頂いていませんし・・・

怪我をされた方たちも一日も早く回復してほしいし。助けが必要な方たちにはしっかりとサポートなり保証なりとか・・・
あぁ〜色々と心配になってしまいます。
ど〜しましょう。
Posted by ゴル at 2005年12月28日 01:45
こんばんわ。

THE 虎舞竜の「ロード」と言う歌の歌詞には、
「♪何でも無いような事が 
幸せだったと思う」

というのがありますね。

普段何気なく生きていることも、幸運なのだと思います。
この幸運に、感謝して生きていきましょう。

今回の事故は、原因究明を徹底的にやってほしいですね。そこから、解決策や、第二の事故の防止策も出てくると思います。
Posted by leaves riceさんへ at 2005年12月28日 22:41
こんばんわ。

安全と思われていた列車での事故、本当に残念ですが、原因究明が大事ですね。
そこから、生まれるものに期待したいと思います。

事故は、これ以上犠牲者が出ないことを祈るのみです。
Posted by leaves cosmosさんへ at 2005年12月28日 22:45
こんばんわ。

ゴル校長の旦那さんも、事故にあわれたのですね。知りませんでした。
事故とは、身近に起こりうるものなのですね。
私も、人事ではない、と思っておくべきですね。

今回の事故では、犠牲者の方へ弔問に訪れた、JRの幹部の方も、涙ながらにインタビューに答えていて、反省の言葉と態度が感じられました。
彼らの言葉どおり、
「できる限りの補償」
をしてほしいと思います。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2005年12月28日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[特急脱線転覆]3人死亡33人負傷 山形・JR羽越線
Excerpt: [特急脱線転覆]3人死亡33人負傷 山形・JR羽越線25日午後7時15分ごろ、山形県庄内町のJR羽越線砂越(さごし)―北余目(きたあまるめ)間の最上川にかかる「第2最上川橋梁(きょうりょう)」付近で、..
Weblog: 陶芸ブログ 炎と土にたわむれて
Tracked: 2005-12-28 03:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。