2006年01月03日

お屠蘇気分には、これがいいです。

皆様、おはようございます。
私は、お正月は、お屠蘇で酔いながら、女子十二楽坊のコレを聴いていました。
お正月気分に、マッチしますよ。
今日は、映画「SAYURI」のことを書こうと思っておりましたが、これは明日にします。


曲目リスト
1.世界に一つだけの花
2.ドラえもんのうた
3.涙そうそう
4.ラブストーリーは突然に
5.川の流れのように
6.クロックス
7.いい日旅立ち
8.新古典主義(組曲):交響曲第40番第一楽章~交響曲第5番「運命」第一楽章~歌劇「セビリアの理髪師」序曲
9.オンリー・タイム
10.自由
11.時の流れに身をまかせ
12.異邦人
13.花
14.真夏の果実
15.地上の星
16.チャルダッシュ
女子十二楽坊、なんか、優雅にさせてくれる中国楽器の演奏です。
そして、奏でる曲は、日本人に親しまれているこれらの曲。
2つの文化が混ざり合って、不思議な気分にさせてくれます。

9.オンリー・タイム
は、エンヤの曲ですが、元の曲と同様に、安らぎますね。

2.ドラえもんのうた
は、オリジナルの曲を髣髴とさせる新鮮な感情を呼び起こしてくれました。

女子十二楽坊が売れ出したのは、3年位前ですが、アメリカ暮らしの長いゴル校長、彼女たちのサウンドは聞かれたことはありますか?
また、教えてください。
おそらく、アメリカでは売れていないのではないかと推測しています。

女子十二楽坊について、皆さんの感想を聞かせてください。
posted by leaves at 09:15| 滋賀 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽〜BGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
これ、友達から借りました。古楽器や民族楽器が好きなので。馴染みがありとても聴きやすいラインナップですよね。

社会保険労務士試験、頑張ってください!可愛いお嫁さんも見つけられますようにv
Posted by イズミ at 2006年01月03日 10:07
いや〜ごめんなさい。聞いたことありませんね〜
でも・・・曲のタイトルから察するところ
カバー曲ですかね?
山口百恵さんからエンヤまで・・・
幅の広さにびっくりですっ!
「いい日旅立ち」はうちの他界した父が私を表現するのにカラオケで女性の方をみつけてはリクエストしていた曲だと言うので感慨深い曲です・・・

「異邦人」って・・・久保田サキさんでしたっけ?「子供たちが〜空に向かい〜両手を広げて〜♪」ってやつでしょうか・・・
だったら・・・記憶にあります(*^^)v
時折シャワーに入ってサビの部分を歌います(*^^)v

エンヤは今・・・どーしているのでしょうか?アメリカ人に聞いても知らないんですね・・・「それ誰?」って・・・
私は昔のアメリカ人の彼氏に教わったんですが・・・
Posted by ゴル at 2006年01月03日 11:37
イズミさんへ

おはようございます。
「古楽器や民族楽器が好きなので・・・」
とのことですが、BONDもお好きですか?
また日を改めて、BONDも特集してみたいと思っておりますので、また来てください。

励ましのお言葉、ありがとうございます。
「社労士」と「嫁さん」どちらもがんばります。

そうそう、近日中に仙台在住の方へのニュースがありますので、このブログをチェックしていてくださいね。
Posted by leaves イズミさんへ at 2006年01月04日 06:44
ゴル校長、おはようございます。

やはり、女子十二楽坊は、アメリカでは無名でしたね。曲作りとか、明らかに日本人を意識して作っているので・・・。

でも、女子十二楽坊は、日本では有名なので、聴いておいて損は無いと思いますよ。
このCDだったら、知ってる曲も多いですしね。お買い得ですよ。赤いCDのジャケットのところをくりくりするだけで、買えます。(←って、セールスマン根性丸出し!!)

校長は、「いい日旅立ち」が似合うお方なのですね。
今日も聴いてみます。歌詞の、どのあたりが一番校長にマッチしているんだろう?
よかったら、そのあたりも、教えてください。
それから、日本に帰ってきて、東海道・山陽新幹線に乗ったら、「500系のぞみ」という、先っちょがとんがった、銀色の電車に乗ってみてください。「いい日旅立ち」のメロディーが2種類、駅の到着案内で使われていますよ。

「異邦人」は・・・そうです。久保田サキさんです。近年、ZARDもカバーしています。
「♪ちょっとー 連れ合いがー 
欠けただけぇ 未ぃ亡ぉ人んんー」
って、嘉門達夫の替え歌があります。

エンヤは、今もがんばってますよ。
去年も、松下のCMで彼女の歌が使われていて、11月にそのCDが出ました。
まだ聴いてないのですが、代表曲「アマランタイン」は、印象深いです。
アメリカでなぜ評価が低いのでしょうか??

また、音楽ネタ、たくさん紹介していきますので、お楽しみに。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年01月04日 06:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。