2006年01月18日

旭山動物園に行ってきました。(その4:ぺんぎん館)

さて、それでは入り口に近いところから、見ていきましょう。
まずは、「ぺんぎん館」です。
DSCF0085 50%50%.JPG
これは、「キングペンギン」ですね。
「プロジェクトX」によると、彼らは南インド洋、南極の近くの島々に暮らし、陸上ではよちよち歩きだが、水中ではダイナミックな泳ぎを披露します。
大きな翼を持っていて、水中では、まさに「プロジェクトX」の題名にありましたように「ペンギン翔ぶ」と言う表現がぴったりとくる泳ぎを披露します。水中を飛ぶ、と言うイメージです。私の撮ってきた写真だけではちょっとわかりづらいかもしれませんので、先日紹介しました、以下2つのhpにも行ってみてください。
http://allabout.co.jp/travel/travelhokkaido/closeup/CU20050128A/index.htm

http://allabout.co.jp/travel/themepark/closeup/CU20041028A/index.htm
ペンギンの展示方法が理解いただけると思います。

水中ではダイナミックに泳ぐ、いや、「翔ぶ」様子を観客が楽しめるように、水中も、見えるようになっています。
例えばこんな風に。
DSCF0098泳ぐペンギン 50%.JPG
こうすると、水の中と水の外と、両方見えますね。

水の中だけも見えます。
ちょっと判りづらいですが、こんな感じに見えます。ペンギンが泳いでいるのが判りますか?
DSCF0092 50%.JPG

私が行ったときは、あまりに人が多くて、写真が撮影できなかったのですが、「ぺんぎん館」には、透明なアクリルでできたトンネルがありまして、水の中をくぐっていけます。
ココでは、上からも、下からも、横からも、水中のペンギンを観察することができます。
ココに来たときは、大の大人のオジサンが、
「おおっ!」
と感嘆するほど、エキサイティングな感動を与えてくれるのです。

まちがいなくこの「ぺんぎん館」は、旭山動物園に行ったら、はずせないところですね。
オープンしたときは、1万人が行列を作ったそうです。

それから、真冬の積雪がある今の時期だけ行われているのが「ぺんぎんウォーク」ですね。
その様子は動物園のトップページにも大きな写真があります。
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/asahiyamazoo/sc02.html

そして、「ぺんぎん館」のhpはこちら。
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/asahiyamazoo/sc02.html

最後に。
この動物園でよく見かけるのが、手書きの解説です。
「ぺんぎん館」ではこんな風に。
DSCF0088 50%.JPG
この手書きの案内文、温かみがあっていいですね。
これは、ほかの展示場でも出てきますので、この後の他施設の紹介もお楽しみに。
この記事へのコメント
こんにちは!

ペンギンですか〜
僕が1番最後にペンギンを見たのは、
確か修学旅行で行った、東京の上野動物園ですね。

「ペンギン翔ぶ」という表現はおもしろいですね。
上野動物園では水中は見れないものの
水に飛び込むところを見ましたが、
上から見ても翔ぶと言う感じだったと思いますね。

また手書きの案内文も良いですね。
他の施設の紹介も楽しみにしています!
Posted by 郡山人 at 2006年01月18日 17:38
こんばんは〜

仕事でPCが開けず、leavesさんの投稿、今日二日分を見ました。旭山動物園は冬には冬の楽しみかたがあるんですね。ペンギンウォークのように、旭川市民の力が動物園再建をしたんですね。その熱意は素晴らしい事だと思いました。その熱意を生んだ事、いい事を始めようとしたら熱意はつたわるんですね。
Posted by rice at 2006年01月18日 20:40
写真のペンギンが余りに綺麗で可愛かったのでうちの子供にも見せちゃいましたぁ。
喜んで早速私が縫ってやったペンギンのぬいぐるみを持ってペンギンの本も読み始めちゃいました(^^♪
leavesさんの写真、きれいですよ〜っ!

手書きの案内文にびっくり!嬉しいですねこう言った手間隙と真心こめて作った手書きの案内なんて☆☆☆☆☆
動物達と来園者へのリスペクトや温かい思いが伝わってきますね〜

なんだかこの園長さんに・・・
逢ってみたくなりました(^^♪
Posted by ゴル at 2006年01月19日 01:24
leavesさん こんにちは〜

ペンギンさん いっぱいだ〜!!!
先日、海遊館に行った時 丁度ペンギンショ〜をしていて・・・cosmosも近くでペンギン初めて見たんです!!! 楽しかったな〜ww ペンギンさんが泳いでいる姿ってなんか空を飛んでいるような気さえしますよね!!! また水族館行きたくなっちゃった♪
Posted by cosmos at 2006年01月19日 07:45
 「飛ぶ」という行為が空気の中か、水の中かの違いで、同じだということは気がつきませんでした。
 人間は空気の中では動く歩く走る跳ぶなどを行いますし、水中ではもぐる動作だと思います。泳ぐのは空気と水の境目で行う動作のことなのだということから、やっぱりペンギンは水中では飛んでいるんではないんでしょうか。
Posted by dandydaddy at 2006年01月19日 10:00
郡山人さん、いらっしゃいませ。

ペンギンは、しばらく見ていないのですね。
大阪の海遊館だったら、奈良から近くだし、見れると思いますよ。
あそこも、水中のぺんぎんを観察できた、と思います。(ちょっと前の記憶。)

ぺんぎんも、「翔ぶ」鳥なんですね。
改めて実感できると思いますよ。

手書きの案内文、旭山動物園ではいたるところに見られます。
このあとも、写真を公開しますので、お楽しみに。
Posted by leaves 郡山人さんへ at 2006年01月19日 11:26
riceさん、いらっしゃいませ。
過去の記事も読んでいただきまして、ありがとうございます。

私も、あの「プロジェクトX」を見ていて、一番感動したのは、市民からの激励が寄せられる場面でした。
やはり、
「いいものを伝える。」
と言う熱意があれば、応えてくれる人はいるのですね。

私はいくつか、閑古鳥が鳴いているサービス業を見ますが・・・必ず解決策はあるのだ、と実感しました。

これからも、それらを記事にしていきますので、お楽しみに。
Posted by leaves riceさんへ at 2006年01月19日 11:31
ゴル校長、再び、いらっしゃいませ。

ぺんぎんの写真、お子さんとともに楽しんでいただけたようで、私もうれしいです。
こんなに喜んでいただけるのでしたら、もっと写真を撮ってきましたものを…。今、ちょっと後悔しています。

手書きの案内文、この「ぺんぎん館」だけではありませんよ。園内のいたるところにあります。まだまだこれは序の口です。

園長さん、「プロジェクトX」を、見ていても、魅力的な方でしたよ。情熱あふれる話し方、とても印象的です。
この「プロジェクトX」、ぜひ見せてあげたいものです。

一度、帰国の際に、旭川まで行かれて、旭山動物園を訪れてはいかがでしょうか。もしかしたら、ひょっこり会えるかも。

あ、HPに、園長さんのコメントの欄もありましたよ。
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/asahiyamazoo/sc02.html

いろいろな記事がありますので、また楽しんでください。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年01月19日 11:39
cosmosさん、いらっしゃいませ。

海遊館でも、ぺんぎんを楽しむことはできますね。
私は数年ほど行ってませんので、今の情報には疎いのですが・・・ここでも「ぺんぎんウォーク」をやっている、と聞きました。

また、大阪出張の際には、楽しんできてくださいね。
旭川へも、チケットが安いときに飛んでいかれてはいいかと思います。札幌のラーメンもありますし。

それでは、またのコメントお待ちしております。
Posted by leaves cosmosさんへ at 2006年01月19日 11:50
dandydaddyさん、いらっしゃいませ。

おっしゃるように、確かに「翔ぶ」んですね。ぺんぎんは。鳥なんだから、当たり前のような気もしますが。

当たり前のことを、気づかせてくれた子の動物園は面白いですよ。

たしか、庄内空港から千歳空港へは、1日1便、飛行機がありましたね。
チケットの安い時期に、札幌、旭川、といかれては面白いかと思います。
記事にも書きましたが、大のオジサンが、歓声を上げることができる、
そしてまた行きたくなる動物園が、「旭山動物園」ですよ。

お見せする写真、もっと撮ってくればよかった、と思っております。

次の記事は、今日の夜に書きますので、お楽しみに。
Posted by leaves dandydaddyさんへ at 2006年01月19日 11:56
うちの子・・・
今晩は・・・
ペンギンのぬいぐるみを抱っこして寝ています(*^^)v
相当leavesさんのサイトが気に入ったようです(*^^)v

園長さんの写真とコメント見させて頂きました。
優しそうな方でいねっ☆
動物が不足?しても・・・海外からアダプトすると・・・病気などの心配があるのでとおっしゃっていた事が印象的です。

動物にかける愛情・・・凄い(*^^)v
この方は商売でやっているのではなく
愛情とパッションですねっ!
益々・・・尊敬(*^^)v
Posted by ゴル at 2006年01月19日 12:38
ゴル校長、こんばんわ。(そちらでは、おはようございます、でしょうか?)

お子さんも、ぺんぎんの夢を見られたでしょうか。
喜んでくれて、よかったです。

園長さんのページへも、いけたようで。よかったですね。

お次の「あざらし館」もお楽しみください。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年01月19日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ぺんぎん
Excerpt: 私は日本海に夕日が沈むのが見える所で育ちました。合宿の早朝…近くにあった当時50円で入れる水族館(行った時間はもちろん閉館してましたが)に行くと、ペンギンだけは近くで見る事ができました。まだ薄暗い時間..
Weblog: きくぞうの徒然日記
Tracked: 2006-01-21 09:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。