2006年02月12日

古い「北斗」も捨てがたい

さて皆様、お土産も買ったことですし、列車の旅に戻りますか。

次の列車で青森を目指すのですが、まだちょっと時間があったので、
函館駅で会った、古いタイプの特急列車のご紹介を。
DSCF0250「北斗」50%.JPG

これは、札幌と函館の間を走っております「北斗」です。
札幌と函館の間には、2種類の特急が走っておりまして
1)「北斗」…20年位前に作られた。2)の「スーパー北斗」に比べて、20−30分遅い。

2)「スーパー北斗」…10年くらい前に作られた。日本のJRの中ではトップクラスのスピードで走る。

と、あるわけです。

コレまでご紹介してきたのは、2)の「スーパー北斗」の方でした。今回、1)の「北斗」には、乗りませんでした。コレは遅いのですが、別の魅力があります。

それは、こちら。
DSCF0251「北斗」のグリーンヤ50%.JPG
グリーン車です。
ごらんのように、床が高くなっていて、高いところから景色を見ることができます。
さらに、窓が桁外れに大きく、北海道の大自然をたっぷりと堪能できます。

グリーン車に乗るには、普通車の料金にプラスして、約4000円のグリーン料金が必要ですが、おしぼりや無料のドリンクサービスもありますし、このような抜群の展望が望めるのですから、多少遅くても、グリーン料金を払う価値は十分あると思います。

4000円の追加投資で、かなりリッチな気分を味わえます。

こんど函館−札幌間を旅するときは、コレを選んでも良いな、と思いました。
posted by leaves at 09:29| 滋賀 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旅はリッチな気分が1番良い〜ですね(*^^)
とっても若い頃はわざと貧乏旅行もして楽しめましたが・・・
今は、やっぱり優雅で過ごしやすくくつろげる旅が良い〜です(^^♪

グリーン車良い〜ですよねっ♪
その昔普通のチケットで乗ったのですが車掌さんに声をかけられ・・・是非グリーン車にど〜ぞ♡と・・・☆彡
若いお譲さんが長旅するのに不便があってはよくないと・・・
奨学金学生の身でラッキーチャチャチャでしたーっ(*^^)v

車掌さんが何かと面倒をみてくださって。
特別限定特製のお弁当もご馳走して頂きました〜なつかしく・・・その事が思い出されました(*^^)v
Posted by ゴル at 2006年02月12日 10:45
leavesさん おはよ〜

うんうん・・・古い北斗も確かに捨てがたいですね!!! 古くても・・・それなりに素敵な所がありそうですwww でもJRって極端ですよね・・・>< 
Posted by cosmos at 2006年02月12日 11:57
2種類の特急それぞれにいい所があるのでしょうね。
古いほうの北斗にもグリーン席では大きな窓から景色が楽しめそうですね。
いろんな情報有難うございます。

Posted by rice at 2006年02月12日 22:10
ゴル校長へ

おはようございます。

そうだったのですか。
昔、イイ思い出があったのですね。グリーン車に。
美人は、お得ですねー。

その、いい思い出をされたところは、どこなんでしょうか?北海道?九州?それとも??
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年02月13日 06:53
cosmosさんへ

おはようございます。

確かに、JRは極端ですよね。
知らずに乗ったら、ボロだった・・・ということは、よくあると思います。

旅をされるなら、私に一声かけてください。どの列車が「アタリ」で、どれが「ハズレ」か、大体判りますから。

次は、どこに旅をされるんでしょうか?
Posted by leaves cosmosさんへ at 2006年02月13日 06:56
riceさんへ

おはようございます。

旅の情報が、お役に立てて何よりです。

東北からだったら、今の季節、やっぱり温泉でしょうね。温泉を目指して、豪華列車の旅、ってのも、おつなもんです。

うーん、また東北に旅をしたくなってきた。
Posted by leaves riceさんへ at 2006年02月13日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。