2006年02月15日

「スーパー白鳥24号」で青森へ(その2)

それでは、函館から、青森目指して出発します。

函館発車時、自動の放送が日本語と英語で流れるのですが、それらがとても丁寧で、長く続きます。親切なサービスだな、と思いました。

それでは、こちらをご覧ください。
DSCF0255広いテーブル 50%.JPGこれは、昨日もごらん頂いた座席なのですが、右上の方に注目。
何かありませんか??

拡大したのが、こちら。
DSCF0257チケットホルダー50%.JPG
これは、北海道の列車で、車内改札が行われる車両に、新たに取り付けられている、「チケットホルダー」です。
改札のとき、わざわざ出さなくても、あらかじめこのポケットに入れておけば、車掌さんがココから取り出して、改札してくれます。
ユニークなサービスです。

くれぐれも、切符のとり忘れの無いように、おねがいします。


さて、昨日は津軽海峡をイメージしたデザインをご紹介しました。
・・・が、まだあるんです。
このようなデザイン。
こちらです。

DSCF0258扉にも描かれる海峡50%.JPG
ガラスの部分に注目。
よーくご覧ください。
ココにも、津軽海峡が描かれています。
うーん、津軽海峡を渡る気分を、徹底的に盛り上げてくれます。

扉の向こうには、また見せたいものがあるんです。

それは、明日の記事をお楽しみに。
posted by leaves at 09:31| 滋賀 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
leavesさん おばんです〜

う〜ん チケットホルダーって新幹線にもありますよねwww サイレントシートだったけ??? 放送をしない席の所www あれ中々良いサービスですよね♪
扉の向こうが・・・気になります!!!
Posted by cosmos at 2006年02月16日 03:07
チケットホルダー良い〜です!
私は初めて見ました☆彡
そーですよね・・・何時もチケットはパースの中とかポケットに入れて・・・
旅行中は荷物も沢山だし・・・
「あれっ!何処に?」とか
「あれ!つッかえて出てこないーっ」とか
私の友人はチケット失くす人もいるし・・・あんなホルダーがあれば便利ですよね〜飛行機にはダメかな?
誰かに盗まれそーだし・・・

津軽海峡のイメージカッコイイですね♪
シンプル・イズ・ベスト!

ちなみに私も空のペットボトル再利用派ですよ〜♪
Posted by ゴル at 2006年02月16日 04:04
cosmosさんへ

おはようございます。
遅い時間まで、お仕事お疲れ様です。

チケットホルダー、山陽新幹線のサイレンスカーにも有る、と聞いたことがあります。ただ、私はサイレンスカーに乗ったことが無いので…また、取材したらご紹介します。
切符の取り忘れさえなければ、いいサービスですね。

扉の向こうに待っているものは・・・。
今日の記事で書きます。
Posted by leaves cosmosさんへ at 2006年02月16日 08:49
ゴル校長へ

おはようございます。
腹痛は、もうよくなりましたか?

チケットホルダー、確かに誰かに取られる可能性があり、自分が眼に届くところでないと差し込んで置けない、という点はありますが、検札が来たときには、あわてずに出すことができ、便利です。
アメリカでも広まるとイイデスネ。

空のペットボトル・・・
再利用はいいのですが、たまってきますね。時間の経過とともに・・・。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年02月16日 08:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。