2006年02月21日

夜行列車で、さあ帰ろう

皆様、青森駅では、面白い発見がありましたね。

ほとんどの人は、北海道へ行くとなれば、飛行機で一気に飛んでいってしまいます。
私も、時間やお金が無ければ、そうするかもしれませんが、今回はそうしなくてすみました。

おかげで、話のねたがいくつも拾えました。

これから、また、寝台特急で一晩を過ごして帰ります。

青森駅では、次の列車まで、1時間以上の待ち合わせ時間を作りました。
急ぐ旅なら、こんなことはしないのですが、今回はそうでもなかったので、コレだけの時間が作れました。

この間に、青森駅で、お買い物です。

いちご煮・・・皆さんからの反響も大きかったですね。
話のねたに買っとけばよかった・・・
次回、青森を通ったときは、買って食べます。

さて、これから一晩、列車で過ごすには・・・たくさん買い物をしなければなりません。
・飲む水。
・野菜が不足していたので、野菜ジュース。
・朝、私はいつもコーヒーを頂くので、缶コーヒー(普段は、飲まないのですが。)

そして・・・
やっぱり、お酒は必要です。いずれも少量ですが、いくつもの味を楽しみたい、と思いまして、以下を買いました。
・ビール…コレは定番です。
・焼酎
・日本酒…やはり、青森に来たからには、青森の酒がいい。ということで、名前も知らない地酒を2種類買いました。結論を言いますと、買ってよかった。私は、北日本の日本海側の、コクのある酒がスキなのですが、今回買った青森の酒は、いずれも味の傾向がぴったり、その好みにマッチしていました。コクがあって、香りが強かった。

ま、これらを全部一晩で呑んだわけではなく、日本酒と焼酎は、残りましたので、残りを家でいただきました。

そして、メインディッシュ。
こういうときこそ、駅弁ですね。
すみません、写真がありませんが、少量多種いろいろな青森の味が楽しめるお弁当を買いました。

それから、朝早く着くのですが、万一遅れたときのために、朝食用のおにぎりも。

うーん、こうなってくると、サバイバルですね。キャンプに行くみたいな装備になりました。
もっとも、寝床や寝巻きは寝台列車についていますから、それらはいりません。

こんな風に、これからすごす時間を、自分なりにアレンジするのも、旅の楽しみです。

それでは、次の列車は、「日本海2号」です。
1)青森駅出発前50%.JPG
posted by leaves at 07:10| 滋賀 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 鉄道〜夜行列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 のぼりの日本海が鶴岡を通過するのは夜ですか。以前(随分前ですが)この夜行に乗って大阪に行ったことがありますが。
 今は航空便を使います。
Posted by だだちゃ at 2006年02月21日 10:45
「こんな風に、これからすごす時間を、自分なりにアレンジするのも、旅の楽しみです。」ものすごく同感です。
僕もたまの旅ですが移動も楽しみたいですし、自分なりにアレンジして季節を感じたり、その土地の特徴、空気、雰囲気をかんじたいです。
大阪、北海道など行って見たいと思っていますが、ぜひ自分なりの空間を創ってみたいですね。そのためにもleavasさんの記事はいつもすごく参考になります。
Posted by rice at 2006年02月21日 20:52
leavesさん こんばんは〜

お〜とうとう寝台特急の出番ですね!!! 日本海2号!! 行きは日本海1号だったかなww 帰りも楽しみですね〜!! やっぱり急ぎではないのなら・・・ゆっくり電車の旅も楽しみですよね!!!

そうそう・・・白鶴○のCMは四国でも放送されています!!! でもいちご煮の記憶無いんですよね・・・>< きっと見逃しただけかも知れませんww 土佐鶴の宣伝は・・・四国限定なんですか??? てっきり 全国版かと勝手に思い込んでいましたww
Posted by cosmos at 2006年02月22日 00:22
またまた綺麗な写真で私もちゃっかり日本ー味わう事が出来ました!(^^)!

やっぱり旅はのんびり余裕を持ってしたいものですね〜実感しましたね〜♪
時間ぎりぎりでセカセカしていると旅にも思いでにもゆとりが生まれませんし・・・
旅というのは一生の記憶の友となるので
leavesさんの旅は素敵ですね〜☆彡
Posted by ゴル at 2006年02月22日 01:11
だだちゃさんへ

おはようございます。

そうですね。この列車が、鶴岡に停まるのは、夜でした。
私が乗った日は、結構お客さんが乗ってきて、青森から、というよりも、秋田や庄内地方と関西を結ぶ役割が強い列車だな、と感じました。

うーん、確かに、「疲れない」旅を選ぶのでしたら、飛行機の方がお勧めです。
ま、夜行列車ならではのよさもありましたから、また、おいおい記事にしていきますね。
Posted by leaves だだちゃさんへ at 2006年02月22日 07:08
riceさんへ

おはようございます。

普段は、自分の生活が、時間に支配されがちですよね。しかし、逆に自分が時間の流れを支配できたら、どんなに楽しいか。
ゆとりのあるたびは、それを実感させてくれますね。

riceさんが、次に旅をされるのは、どこでしょうかね。北海道で、遅い春を楽しむもよし、大阪で、食道楽と阪神の応援をたのしむもよし。
楽しみが尽きませんねー。
Posted by leaves riceさんへ at 2006年02月22日 07:26
cosmosさんへ

おはようございます。

お察しの通り、行きに使った列車は「日本海1号」で、帰りは「日本海2号」でした。
時間の流れを支配する・・・コレが旅の醍醐味ですね。
私も車で営業をして走り回っていたからわかるのですが、自分で運転して走るのと、だれかに運転してもらうのとでは、全然ちがいますからね。精神的な疲れとか、眼の疲労とかが。
たまには、時間に支配されない旅にいかれては?
旅の空の写真も、楽しみにしています。

それから、白鶴の宣伝は、確かに全国放送ですね。
ただし、土佐鶴の方は、調べたのですが、四国限定なのかどうか、はっきりとはわかりませんでした。
ただ、私は関西や東北にいて、土佐鶴のCMを見た記憶がありませんし、高知に行くとよく見かけたので、やはり頻度的には、四国でよく見かけるのが、土佐鶴のCMなのでは?と思います。
Posted by leaves cosmosさんへ at 2006年02月22日 07:33
ゴル校長へ

おはようございます。

写真、気に入っていただけたようで。
アノ電光掲示板は、我々日本の都会(大津は都会かどうか、ちょっと疑問ですが)にすんでいる者にとっても、エキゾチックなものです。
見たことも無い地名、本数の少ない列車。
記念になると思いまして、アノ写真を撮りました。
日本気分を味わっていただけたのであれば、私もうれしいです。

長距離の移動となると、1時間位のゆとりは、必要です。あまりないのですが、日本の列車も遅れたり、何かのトラブルはたまにありますからね。

それでは、続きをお楽しみください。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年02月22日 07:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。