2006年02月23日

夜行列車で、さあ帰ろう(その3)

さて、列車は発車しました。

見渡すと、この車両にお客さんは私一人。
貸切状態でした。

ま、16:45発車ですから。
フツーの会社とかは、まだお仕事されているお時間ですよね。
お仕事している人は、乗れません。

ちょっとさびしいですが、身支度、ベッドメーキングなどをしておりました。


そこへ現れたのが、車掌さん。
切符の検札に来られました。

その車掌さん、青森から乗られていたのに、関西弁丸出しの、関西人だったのです。
関西から遠く離れたところで、関西弁スピーカーに出会うと、うれしくなります。

旅先で、故郷の言葉をしゃべる人に出会うと、だれでもうれしくなると思いますが…。

私は、香港とマカオ(カジノだけ)、上海、グアムに行ったことがありますが、いずれも飛行機では、外人のスチュワーデスと、日本人のスチュワーデスが乗っていて、安心できました。

長距離を走る列車も、この事例のように、出発地と到着地の両方の出身の方が車掌をされていると、お客さんも安心する、と思いました。

日本国内でも、方言は立派なサービスになると思います。
違う方言に出会っても、旅の情緒を感じられますし、いいと思います。

tvでは、標準語ばかりが話されているので、だんだん日本から、独特の方言が消えつつありますが・・・方言は大事にしたいものです。
posted by leaves at 07:36| 滋賀 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 鉄道〜夜行列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
leavesさん こんにちは〜

ほんと方言ってその土地土地の言葉で・・・
なんか情緒を感じますよねww
でも・・・一時期流行った方言丸出しのアナウンサー
の方々は・・・どっかに消えちゃいましたねww
やっぱり何事も度が過ぎると駄目って事なん
でしょうねww
Posted by cosmos at 2006年02月23日 13:12
確かにA寝台とB寝台の差は結構ありそうですね。
旅先でその地区の方言聞くと旅の情緒が感じられますよね。僕も初めて関西に行った時普通におばさんが関西弁を話しているのを聞き「おおつ!!生関西弁」とうれしくなりました。
でも旅先など自分の地域の方言聞くと何故かみょうに親近感がわきますよね。
Posted by rice at 2006年02月23日 18:06
そ〜ですね方言は温かみがあって良い〜ですよね〜♪
アメリカにも沢山の方言アクセントがあります。私は今はサウスに住んでいるので・・・サウスアクセントの方が回りに沢山・・・今では時々私もちょっと訛ってることがあります♪

移るんですよーっ!
方言って(*^^)v
Posted by ゴル at 2006年02月24日 05:22
cosmosさんへ

おはようございます。

確かに、方言は味わい深いものですね。

方言丸出しのアナウンサーは、なかなか見ることはできませんが、
朝の全国ネットの情報番組では、地方からのリポーターが、普通のレポートは標準語でしゃべり、地元の人にインタビューするときは方言を使っていました。
私の両親が高知なので、高知からのレポートのとき、そのようなことが起こっていましたね。
Posted by leaves cosmosさんへ at 2006年02月24日 08:33
riceさんへ

おはようございます。

A寝台とB寝台の差は・・・ありますねー。
ま、今回は、B寝台のレポートをします。

riceさん、関西弁に親しみを感じられていらっしゃるようで。・・・いつでも移住していただいてかまいませんよ。ウエルカムです。
でも、土地代は宮城の方が安いですね。あと、夏の暑さはたまりまへん。

宮城の方言、また聞かせてください。
Posted by leaves riceさんへ at 2006年02月24日 08:37
ゴル校長へ

再び、おはようございます。

うーん、どんなんでしょうねー。サウスのなまりって。結構目立つらしい、ということは聞いたことがあるのですが・・・。
また、校長の予備校で教えてくださいね。

私の行ってるnovaの先生は、フロリダから2人来てますが、フロリダと、サウスは異なるのでしょうね。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年02月24日 08:40
フロリダからの先生が2人もいるんですね
フロリダはサウスです(*^^)v

先生をしていらっしゃると言うことはアクセントの無い方たちでしょうねっ♪

英会話のレッスンって楽しいですか?
Posted by ゴル at 2006年02月25日 06:49
ゴル校長へ

おはようございます。

教えてくださり、ありがとうございます。

私は、サウスとはテキサスのアタリを指し、フロリダは違うと思っていましたが、そうではないのですね。

先生方にアクセントが無いのか?という点については、私の英語力ではわかりません。
日本語なら、どこの地域の方言か、だいたいわかるのですが・・・
ほかのアメリカ人が、私の行っているnovaにはいないので、よそのnovaに行ったときにでも、違いを聞き分けてみます。

・・・と、まあ、このように文化や言語の違いを楽しみながら、レッスンを受けていますよ。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年02月25日 08:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。