2006年05月23日

Football Time

しばらく、食べ物の話が続きましたので、趣向を変えて音楽の話題を。

もうすぐワールドカップですね。

わたしはサッカーはあまり見ないのですが、国際試合は見ることがあります。
やはり、日本にはがんばって欲しい。

サッカー自体はあまり見ない私ですが、サッカーにまつわる音楽は好きです。
今日は、その中から1枚をご紹介。
曲目リスト
1.アンセム〜2002FIFA World Cup(TM) 公式アンセム(シンセ・バージョン)
2.WORLD SOCCER ANTHEM
3.NEVER GIVE UP
4.アンセム−2002 FIFA ワールド・カップ・オフィシャル・アンセム:JS ラジオ・エディット
5.VINCI CAMPIONE
6.ヴィットリア (アイーダ)
7.DRUM MAJORETTE
8.カンピオーネ・ニッポン パートII アジア地区最終予選ザ・セカンドハーフ・ミックス
9.ふり向くな君は美しい
10.燃えてヒーロー (オープニング・テーマ)
11.シマウタ(コンシオン・デ・ラ・イスラ)

<ライナーノーツより>
ここに収録されている11曲は、どれも日本サッカーとの深いつながりをもち、日本サッカーの発展に寄与してきたものばかりだ。
戸塚 啓氏

<私がよく聞く曲。>
1.アンセム〜2002FIFA World Cup(TM) 公式アンセム(シンセ・バージョン)
もう、日韓W杯から4年もたつのですが、いまだにこの曲は好きです。
元気をくれます。
朝にぴったりの曲ですね。

2.WORLD SOCCER ANTHEM
選手入場のときによく聞く曲です。
私も、自分の勉強を始めようとするときはよく聴きます。
「やるぞ!」
という気分にさせてくれます。

4.アンセム−2002 FIFA ワールド・カップ・オフィシャル・アンセム:JS ラジオ・エディット
元気あふれるときには、このバージョンもいいかな、と思います。

10.燃えてヒーロー (オープニング・テーマ)
これは、アニメ「キャプテン翼」の小学校編のときのオープニング曲です。
今聞いても、ノリノリのいい曲だと思います。
また、カラオケで歌いたい曲です。

11.シマウタ(コンシオン・デ・ラ・イスラ)

日本の「島唄」を、日本語のままにカバーしてくれた曲です。
外国人が歌う日本語のカバーは初めて聴きました。

もうすぐドイツ大会ですが、いまだに私は日韓大会のノリで、このCDを聴いています。
古さを感じさせない1枚です。
posted by leaves at 08:41| 滋賀 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽〜BGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
⒒シマウタ♪に一票(*^^)v

知りませんでした・・・外国人が日本語で歌うカバーの島唄♪があるって☆
是非聴いてみたいです(*^^)v
Posted by ゴル at 2006年05月24日 02:37
ゴル校長へ

シマウタ、たどたどしい日本語がいい感じです。

アルゼンチン系の人と、カラオケ行く機会があったら、日本語のままで歌ってみたらいいかもしれませんね。

このCD、おそらくアメリカでは売ってないと思いますので、お求めになるのでしたら、CDのリンクをクリックしていただくのが早いかと思います。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年05月24日 07:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。