2006年06月17日

連続ドラマ「Dr.コトー診療所」の新シリーズが、10月から放送

「Dr.コトー診療所」という漫画、なかなかいいです。
数年前に連載が始まり、2003年にTVドラマ化されました。

<漫画の紹介サイト>
http://www.youngsunday.com/rensai/comics/kotoh.html

私は、今年はじめに、このドラマを再放送で見まして、いいなとおもったので、漫画も読みました。
ドラマと漫画で、若干設定が変わっていますが、両方とも楽しめる設定になっています。すでにご存知の方もいらっしゃいますが、このドラマの続編が、この秋から作られるようです。

Dr.コトー復活…平均視聴率19%の人気作、3年後の「診療所」

 俳優の吉岡秀隆(35)、女優の柴咲コウ(24)らが出演するフジテレビ系連続ドラマ「Dr.コトー診療所」の新シリーズが、10月から放送されることが15日、分かった。03年7〜9月に放送、平均視聴率19%を記録した人気作の続編で、このほど収録がスタート。沖縄県・与那国島で長期ロケが予定されている。

 南国の孤島で離島医療にかける青年外科医と、島の人々の触れ合いを描いた「Dr.コトー」が再び連ドラで帰ってくる。

 「Dr.コトー診療所」は「週刊ヤングサンデー」に連載中の同名人気コミックを03年7月に連ドラ化。平均19・0%の高視聴率を記録した。その後、04年1月、11月に、ともに2夜連続で特別編を放送。DVD計3万5000本を売り上げたヒット作だ。

 10月から放送されるのは「Dr.コトー診療所2006」と題した続編。現実さながら、前回の連ドラから3年の月日が経過し、成長した登場人物の姿を描く。

 今回も沖縄・与那国島で、60日以上の長期ロケを敢行。また、「−2006」では、第1話から柴咲演じる星野彩佳の病気が発覚するなど、前回以上に衝撃的に物語が展開していくという。

 吉岡の連ドラ出演は前回の「Dr.コトー」以来3年3か月ぶり、柴咲は04年4月のTBS系「オレンジデイズ」以来2年半ぶり。最近は映画が活躍の中心となっている2人だけに、久々の連ドラ出演となる。

 吉岡は「コトー先生が持つ大きな志を忘れず、精いっぱい大切に演じたい。コトー先生のセリフにもあるよう、みんなが元気になって喜んでくれればうれしい」。柴咲は「彩佳は25歳から28歳へと成長していて、私自身も年を重ねているんですね。登場人物の成長や心の揺れを、見ている人みんなが感じて一緒に笑ったり泣いたり、感動したりしてほしい」とそれぞれコメント。このほど収録がスタートしたが、自然体で臨んでいる。
(スポーツ報知) - 6月16日11時38分更新


<前回のドラマに詳しいサイト>
http://www.geocities.jp/dr_kotoh_clinic/

私は、いいドラマだと思ったので、録画したまま見てない回が3回くらいあります。新シリーズが放送されるまでに見ようかと思います。
posted by leaves at 08:36| 滋賀 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画、TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラマ楽しみですね!きっと今回も泣いてしまうんでしょう。彩佳さんが病気ってなんなんだろう。死んでしまうような展開は悲しすぎます。
Posted by ひろ at 2006年06月17日 21:48
とっても面白そうですねー(^^♪
ちょっと見てみたいなぁー☆
Posted by ゴル at 2006年06月18日 08:10
ひろさんへ

私は、漫画を16巻までしか読んでないのですが、おそらく、彩佳さんの病気は、アレではないかと思うのです。
アレ・・・が知りたければ、16巻まで読んで見られることをお勧めします。
Posted by leaves ひろさんへ at 2006年06月19日 06:32
ゴル校長へ

この漫画もドラマも、お勧めですよ。
見て損はしません。

また、日本に帰ったときの楽しみが、一つ増えましたね。
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年06月19日 06:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。