2005年11月05日

なぜ売れる?液晶TV



デジカメが壊れたので、修理に出す目的もあり、大阪駅前の「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」に行って来ました。

デジカメの修理依頼を終え、展示されている商品の数々を見て回りました。
本当は、これができるから、地元の電気屋さんではなく、わざわざ電車賃を払って、家から60kmも離れた大阪のヨドバシカメラにやってきたのです。

今すぐ買うものはありませんが、将来必要になったときのために、今から新製品についての知識を仕入れておくのは、有意義なことです。
3階の、TVを売ってるフロアでは、同じ65型の
・松下電器産業のプラズマTV(価格:99万8000円)
・シャープの液晶TV(価格:160万円)
を並べて展示してありました。

近年、液晶TVが売れているのは知っていましたが、
「ついに65型でも出たか」
と、いう思いで比較してみていましたが、
やはり、松下のプラズマの方に軍配を上げざるを得ませんでした。

1)まず、約60万円も価格差がある。プラズマの方が安い。
2)シャープのものに限った話ではなく、各社の液晶TVどれにでも当てはまることだが、液晶TVの画像は、「残像」が目につく。

個人的に、許容しがたいのは2)です。
特に、素肌を出した人間が動き回っている映像をみると、以下に最新機種と言えど、液晶TVは、「残像」が目立ちます。
これから「薄型TV」を買おうとされる方は、ぜひ、「大相撲」が放送されている時間に売り場に行って、「プラズマ」と「液晶」の違いを見てみてください。(「リアプロ」については、比較したことがありませんので、コメントできません。)
「相撲」での、力士同士の激しい動きをみていると、どうしても肌色の残像が、液晶TVでは目立つのです。
また、肌に刻まれている「しわ」が、その人の動きによって「ブラウン管TV」で見るのに比べて速く、正確に、再現されないのです。

正直、
「これでは、どんなに宣伝されても、私なら液晶は買わないな」
と思いました。

液晶は、プラズマに比べて、
1)消費電力が少ない。
2)プラズマに比べて、明るく見える(ヨドバシカメラの売り場で、松下の「プラズマ」とシャープの「液晶」を比較した実感。)
3)(液晶に限った話ではないが)断面を薄くできるので、狭い部屋でも空間を有効に活用できる。
と言ったメリットがあります。

「残像」の問題さえ、解決されれば、液晶TVも、私の将来の購入選択肢に入ります。

「液晶TV」は、さらに技術が進歩させ、「残像」の問題をクリアしてほしいものです。
posted by leaves at 21:13| 滋賀 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
液晶も大きなサイズが出来るようになって来てますし、
更なる技術革新で問題はどんどんクリアしていけますよ。

私も早くデジタル対応のテレビを買いたいです。
Posted by ノッポさん at 2005年11月09日 17:26
ノッポさん、福岡からようこそ。

確かに、技術革新はどんどん進んでるから、私の言う「残像」も、クリアされてくるでしょう。
これからも、電気屋さん回りをまめにして、チェックを続けていくつもりです。

そして、消費者にとってもっとも大事なこと・・・それは「安くなること。」
メーカーにとっては、痛し痒しの問題ですが・・・。

技術が進んで、安くなったら、私も買いたいと思います。デジタル対応のテレビ。

また、遊びに来てください。
Posted by leaves at 2005年11月10日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。