2007年02月12日

竜串・見残し・グラスボート

DSC02061asizurimisaki50%.JPG
今日は、食べ物は出てきません。あしからず・・・

写真は、叶崎から東の方を見た光景です。

右に向かって延びている半島は、足摺岬です。

今日は、土佐清水市にある観光地をご紹介です。続きを読む

2006年01月25日

旭山動物園に行ってきました。(その11:旅はまだ終わらない)

さて、旭山動物園シリーズ、いかがでしたか?

プロジェクトXで見たのですが、この動物園のスタッフが、お金がないとき、
「将来はこんな展示をしたい。」
と夢をスケッチにしたそうです。

その数14枚。

そのうち8枚は、今までに実現したそうですが、残り6枚はまだ実現していないそうです。

園長さんの話にもありましたが、この動物園の完成度としては、まだ3割くらいだそうです。

コレからが楽しみですね。

・残り6枚のスケッチは、どんなデザインなのか?
・実現したら、どんな展示ができるのか?
・残り7割の、やり残したこととは?

興味は尽きませんが、コレは時間がたつにつれて、明らかになってくるでしょう。
お金の面も、入場者数は年々増えているらしいですから、心配ないだろう、と思います。

将来が楽しみですねー。

・・・といったところで、このシリーズを終わりたいと思います。
次回、この動物園を取材するときには、今回見られなかった表情を撮って来たい、と思います。

お楽しみいただきまして、ありがとうございました。

明日は別の話題をしまして、あさってから四国へ行きます。

2006年01月24日

旭山動物園に行ってきました。(その10:夏のナイター営業)

皆様、昨日は、
「これで、旭山動物園に行ったときのレポートは終わりです。」
と書きましたが、ゴル校長からのアンコールの要請もありますし、まだ、この動物園についてお伝えしたいこともありますので、今日もこの動物園について書きます。
<参考文献>

続きを読む

2006年01月23日

旭山動物園に行ってきました。(その9:おらんうーたん館)

さて、最後の展示となりました。
「おらんうーたん館」です。
<参考文献>

続きを読む

2006年01月22日

旭山動物園に行ってきました。(その8:もうじゅう館 豹のオリ)

さて、「もうじゅう館」の続きです。

豹が何種類か飼われていまして、いくつかの発見がありました。
写真がありませんが、黒豹を初めて見ました。
黒豹は、遠くから見ると,黒い猫科の動物にしか見えないのですが、近くでよく見ると、確かに黒の濃淡の豹柄がありました。

さて、その豹がいるオリなんですが、旭山動物園ならではの工夫がされていました。
それは・・・コレです。
DSCF0126下から見れる豹の檻 50%.JPG

続きを読む

2006年01月21日

旭山動物園に行ってきました。(その7:もうじゅう館ライオン、虎、ヒグマ)

DSCF0120ライオン50%1.JPG

さて、おつぎは、「もうじゅう館です。」
写真はライオンです。

アフリカがふるさとなのに、雪の混じる11月の旭川の気候は、彼、いや、メスなので、彼女にはどう感じているでしょうかね?
見ていてもあまり動きませんでした。
寒そう。



続きを読む

2006年01月20日

旭山動物園に行ってきました。(その6:ほっきょくぐま館)

DSCF0118 歩くほっきょくぐま.JPG
さて、おつぎは、「ほっきょくぐま館」です。
このように、陸上を歩き回っているほっきょくぐまを見せる動物園は多いですね。

しかーし。


続きを読む

2006年01月19日

旭山動物園に行ってきました。(その5:あざらし館)

さて、皆様、「ぺんぎん館」は楽しまれたでしょうか。
私もたくさん写真を撮ればよかったのですが、何せ人が多かった!
立ち止まると迷惑になるので、なかなか停まれず、写真もなかなか撮れずでした。

今度来たときは、ゆっくり見たいものです。(またしても、リピーター現象。)

それでは次は、「あざらし館」です。続きを読む

2006年01月18日

旭山動物園に行ってきました。(その4:ぺんぎん館)

さて、それでは入り口に近いところから、見ていきましょう。
まずは、「ぺんぎん館」です。
DSCF0085 50%50%.JPG
これは、「キングペンギン」ですね。
「プロジェクトX」によると、彼らは南インド洋、南極の近くの島々に暮らし、陸上ではよちよち歩きだが、水中ではダイナミックな泳ぎを披露します。
大きな翼を持っていて、水中では、まさに「プロジェクトX」の題名にありましたように「ペンギン翔ぶ」と言う表現がぴったりとくる泳ぎを披露します。水中を飛ぶ、と言うイメージです。続きを読む

2006年01月17日

旭山動物園に行ってきました。(その3:なぜ復活したか?)

<参考文献>

これも、動物園の売店で見つけたものです。
お子様向けの内容ですが、アマゾンのレビューによると・・・
<レビュー>
出版社/著者からの内容紹介
昨年夏季に入場者数日本一になった旭山動物園の動物たちを題材にした、動物園初めての写真絵本です。英語・ひらがな・カタカナ表記、生態の豆事典も掲載し、0歳から大人まで幅広く楽しめ、癒し本としてもご覧いただける写真絵本です。

出版社からのコメント
使用している写真はすべて写真家今津秀邦氏(旭山動物園写真担当)が撮影したもので
す。動物本来の生き生きとした姿からは、いろんなメッセージが送られ、ストーリー性のある本に仕上げました。

さて、それでは本題。
続きを読む

2006年01月16日

旭山動物園に行ってきました。(その2:まずは鳥類)

まずは参考文献から。

これは、動物園の売店で買いましたが、写真が豊富で、展示している動物たちの情報も満載。
そして巻末には、この動物園にかかわった人々の話や「動物園ヒューマンドキュメント」もあります。
この「動物園ヒューマンドキュメント」は、この動物園の復活劇にかかわった人たちの苦労話が満載でして。読み応えがあります。
この本は、動物園から帰宅して、読み返すと、いい復習になりました。

それでは、皆さん、これから旭山動物園に入っていきましょう。
これが、入り口です。

DSCF0076旭山動物園入り口50%.JPG続きを読む

2006年01月15日

旭山動物園に行ってきました。

皆様、しばらく映画と音楽の話題が続きましたが、ここらで北海道シリーズへ戻りましょう。
前回は、札幌に着いたところで終わっていましたが。
今回からは、旭川の旭山動物園に行った時(05年11月)に、見てきたことをレポートします。

旭山動物園、日本でも有数の観客動員数を誇り、夏には上野動物園をしのぐそうです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。