2006年05月30日

大歩危から岡山へ

さて、前回の答えです。
DSC00611大歩危駅票50%.JPG
「おおぼけ」とよみます。

続きを読む
posted by leaves at 08:07| 滋賀 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

土讃線で帰路につく

四国の南の端から、帰郷いたします。

土佐清水からは、車で1時間で、四万十市(旧中村市)に着きます。

そこからは、列車で4時間半で岡山に着きます。

その列車の旅の一こまを。
DSC00603ごめん50%.JPG続きを読む
posted by leaves at 07:54| 滋賀 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

四国の南を目指す

DSC00509宇和海50%.JPG

さて、空腹を満たした後は、南へ旅に出ます。
この列車で行きます。
特急「宇和海」。

これで、宇和島と言う町を目指します。
そこからさらにバスと車を乗り継ぐのですが・・・。
続きを読む
posted by leaves at 07:38| 滋賀 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

松山への旅(9)

さて、瀬戸大橋をわたりました。

しかし、松山行きの特急は、瀬戸内海に沿って走ります。

進行方向右側に座っていると、瀬戸内海を間近に見る機会が、たびたびあります。
DSC00380青い海50%.JPG続きを読む
posted by leaves at 08:00| 滋賀 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

松山への旅(8)

さて、今日も瀬戸大橋を渡っていきます。

私が撮った写真は、瀬戸大橋の中から写したものですが、
瀬戸大橋、とくれば、このサイトを取り上げないわけには行きません。

cosmosさんの、「日刊 かがわ青空写真館」!
http://blog.livedoor.jp/cosmos122/

お忙しそうなのに、毎日、瀬戸大橋近辺の美しい空を、UPしていただいています。
コメント数も多い。人気のサイトです。
しかも、コメントには必ずコメント返しをされている・・・感服いたします。

知ってる人は知っていますが、改めて紹介させていただきました。
広い50%.JPG続きを読む
posted by leaves at 09:36| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

松山への旅(7)

今日は、瀬戸大橋をわたりながらの、レポートです。
DSC00358しまなみ50%.JPG続きを読む
posted by leaves at 07:25| 滋賀 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

乗ったらそこは高知県!

昨日に引き続き、電車と音楽の話です。

高知行きの特急列車、遠距離からの列車は、車内放送の前に、
「よさこい祭り」
のメロディーを流すのはどうでしょうか。

「♪土佐ぁのぉー 高知ぃのぉー・・・」
の部分だけでもいいと思います。

私は、岡山と高知を結ぶ特急「南風」には何回も乗りました。
今使われているメロディーも無難なものではありますが、高知への旅情、郷愁をかき立てるほどのものではありません。
「♪土佐ぁのぉー 高知ぃのぉー・・・」
というメロディーの方が、似合っていると思いますが、高知にお住まいの方は、どうお考えでしょうか?ご意見を伺いたいものです。
posted by leaves at 15:50| 滋賀 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

「瀬戸の花嫁」



今日も、電車と音楽の話です。
「着メロ」についてです。
「着メロ」と言っても、ケータイの着メロでは有りません。(普通はこれを言いますが・・・。)

この話の中では、「着メロ」とは、電車が駅に入ってくるとき、駅に流れるメロディーのことを言います。

私の記憶する限り、岡山駅、松山駅、今治駅の「着メロ」は、「瀬戸の花嫁(小柳ルミ子さんの歌はなし。メロディーのみ。)」でした。

瀬戸内海沿岸、という土地柄と、この曲は見事にマッチしていて、とても印象的なサービスでした。
これらの駅で、このメロディーを流そう、と言うアイデアを出した人、偉い!
ほかの地方では見られない、ユニークなサービスです。

ほかの地方も、これを見習って、駅の「着メロ」については、もう少し知恵を絞ってみてはいかがでしょうか。
その土地柄に合った曲を、「着メロ」として採用する。
または、ご当地出身歌手の代表的な曲でもいいでしょう。

「瀬戸の鬼嫁」あ、ちがった、、「瀬戸の花嫁」と言う曲を知らない方、このCDを参考にしてください。以下、このCDの中身です。続きを読む
posted by leaves at 13:43| 滋賀 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道〜JR四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。